読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲がくれにし夜半の月

日本画を愛する人のブログ

日本画が有名な足立美術館は日本庭園も綺麗

f:id:melting-cat:20170131161302j:plain

横山大観の絵を数多く所蔵していることで知られる島根県足立美術館は、付属の日本庭園が非常に美しいことでも有名です。
美術館付属の庭園はたいがい美しい庭が多いものですが、この足立美術館の庭園はずばぬけていて、米国の日本庭園専門誌が約1000ヶ所の日本庭園を格付けした調査で13年間連続して日本一に選ばれているほどです。
この庭園は、足立美術館の創設者で横山大観の熱心なコレクターであった足立全康(あだち・ぜんこう)が日本中をまわって木々や石を選んでデザインしてきたといいます。
足立全康は貧しい家庭の生まれで若い時から裸一貫で苦労して財をなした実業家ですが、美術品や庭園への生まれ持っての審美眼が非常に鋭く「庭園もまた一幅の絵画である」という意志のもと5万坪もの美しい庭園を創りあげました。
四季折々に姿を変えるこの日本庭園は、所蔵されている絵画の素晴らしさと相まって海外からも多くの観光客を呼んでいます。庭園は枯山水庭・ 苔庭・寿立庵の庭・白砂青松庭・池庭・亀鶴の滝と呼ばれる6つの庭からなりたっており、一角にライブカメラが備え付けられています。
美術館の公式サイトでは庭園写真の他にライブカメラの映像が公開されており、インターネットで誰でもこの美しさを堪能できます。